2008年02月12日

シー・カプリス製作(2)

だいたい下半身の工作は(1)のような感じとして…。
上半身は、トーゼンのようにチチを出しましょう。出しましょうヽ(`Д´)ノ
それはもう妄想膨らませて胸ふくらませましょう。
ci_caprice19.jpg

うわーいなんて頭のわるい格好…。でもいいの。レビュウだから。
エポパテで盛り上げた状態で、胸の先も削りだしてやります。乳輪部分は基本的にいったんはリベットスクライバーでけがいてやる。あとでタミヤパテで盛り上げる時の境界線にします。

形状がやや不自然なのは、チチの下にモール状の抑えを付けて「寄せて下から支える」ようなコスにしよーと思ってるから。

やっぱチチ造形が一番楽しいかなあ…。
ci_caprice20.jpg

タミヤパテを塗った後、瞬間接着剤を垂らしてつまようじで軽く練りつつ形状を大まかに整える。そうしますと切削性もほどよく素早い工作も可能に。

先っぽはリベットスクライバーでへこませて、周辺はスポンジヤスリで磨いてやる。
racing的魔改造の基本工作ですので興味のある方は是非マスターを(何言ってんですかこの人)。

フォローが抜けてしまったけど、腰というかおしりの増量に関しては
ci_caprice13.jpg ci_caprice14.jpg

下着のない状態ならこれくらいの形状が違和感もなく自然なのではないでしょーか。
スカートを付けると…
ci_caprice16.jpg

うー。やっぱりこの子はスカートありの方が造形映えるなあ。でもただのノーパンじゃつまんないよな、とも思ってるので、スカートは透明化させてみようと思った次第です。

胸の下に付けるパーツは、エポパテで
ci_caprice21.jpg
なんかボツボツがいっぱいでキショイですが…((( ;゚Д゚)))
硬化前のエポパテに固めの歯ブラシでたたいたり、ミニノコギリの歯をでたらめに押し当てたりしてモールドを作ってみたのですが、いまいちキットのそれと合致しない。
まあそれはそれ。その上からおなじみのタミヤパテでアクセントをつけてやれば…。
ci_caprice22.jpg
ついでに下半身や胸もグレーサフ拭いて表面チェック。まあこんな感じかなと。

スカートを付けた状態はこちら
ci_caprice23.jpg

ほぼ計算通りかな。
手を付け始めた時にはあんまり気が乗らなかったのですが、いい感じになってきたかなと思います。た。
posted by MSM12R at 20:38| Comment(0) | シー(猫)

シー・カプリス製作(1)

実はシー・カプリスは年末から地味にいじり続けてたり、はします。

キットはG.T.Officeさんのやつ。
kit.jpg
レビュウ服。で、当然改造します。
仮組するとこんな感じでした。
ci_caprice01.jpg

同じ作者さんのキットなので頭身もバッチリ。
で、まずはスカートが腰パーツと一体化されていたので、それを切り離します。
リューターに細いビットを付けて、スカートと腰部分の間をぐりぐりと削っていく…けっこう大変だった('A`)。
ci_caprice05.jpg ci_caprice06.jpg
腰とスカートが分離したのでお約束のノーパン工作もできるようになりました。…腰パーツがガタガタですが('A`)。あとスカートも内側はガタガタ。
スカートは、着脱可能にしておきたいし、透明化するための原型にもしたいので、後できちんと仕上げるつもり。

…で、腰はやはりエロくしたい…のですが、キットの腰はいまいち色気のない接合(スカートの中味だからね)なので、股の付け根からコカン部の造形を。
基本的には股の付け根ラインをやや下げて、コカンはやや盛り上げ気味に…文字で説明するのも恥ずかしい('A`)。
こんな感じに。
ci_caprice07.jpg

まあ私が思うところの下腹部ラインとか、です。茶色い部分は軽量エポパテ。
お尻も増量。あとは、加工のしやすさと塗装を考えて、フトモモの上部分で両足切断して真鍮線で接合します。このラインがタイツと肌の境界になるように。
ci_caprice09.jpg

…なんかこういうのはいつもながら猟奇的です(´・ω・`)…。
ポリパテでつなぎ目を埋めたりもします。個人的には、ポリパテの方が軽量エポパテよりもずっとヒケが少ない気がするので。おまじないみたいな作業かもしれませんが…。
ci_caprice10.jpg

つなぎ合わせるとこんな感じになりますね。
つづきは次回に
posted by MSM12R at 20:18| Comment(0) | シー(猫)