2008年02月18日

エポパテの出番

削るプロセスでだいたいカタチが出てくるのですが、さて、プラグスーツ。前述しましたが身体のラインにぴったり合って…るように見えてるけど、それを削っただけだとちょとバランスが悪い。

上半身、首周辺と肩周りと、下半身のボリュームがアンバランス。おしりがぴっちりスーツで締まってるもんだから胴が短く見えるというのも気になりました。
まあこのへんは個々がバランスをどう考えるか、なんですけども(´・ω・`)。

削ってしまったものはしょうがないのでエポパテを盛ります。こういうラインのカタチ出しはエポパテがやりやすいですわいな。

首が長くなってしまってたので肩から鎖骨にかけて肉付けを良くして、胸の形状を整える。腰をやや太くして、おしりをやや肉付けする。…やや胴体を長く見えるような細工、です。

言葉でどれだけ語ってもよくわからんヽ(`Д´)ノ
asuka4-14.jpg asuka4-16.jpg asuka4-17.jpg asuka4-18.jpg asuka4-19.jpg

盛りながら、まだ柔らかく固まり始めた頃合いで削ったりもしてます。エポパテはこのへんでどれだけカタチ出せるかが勝負なのでー。


posted by MSM12R at 18:54| Comment(0) | アスカ(プラグスーツ)

サンディング三昧ヽ(`Д´)ノ

リューターとナイフでカタチを出したら、サンディングします。
ついでに真鍮線の軸打ちで開口した穴とかパテで埋めたり、つい削りすぎてしまった部分などをパテで補填…。最近はこのへんの作業ポリパテを使います。ヘンな硬化不良とかないし、ヒケも少ないし、食いつきがよいので。

asuka4-07.jpg

気になったのは、腰が細くなりすぎたのと、手首パーツを削る時に不自然なほど腕を細くしてしまった('A`)あたり。あと足の指もポリパテを少しずつ盛りながらナイフとペーパーがけでカタチを作っていきます。
asuka4-10.jpg asuka4-13.jpg

MEDIUMのスポンジペーパーでひたすらガリガリ磨きまくり。
これがめんどくさいのなんのって('A`)。普段主に胴体しかやらなくていいからなあ…(パーティングライン消す程度なら苦でもないんだけども、リューター跡はけっこうガタガタなもんで)。
足の指はけっこう上手く作れたんじゃないかなと思うです。


posted by MSM12R at 18:43| Comment(0) | アスカ(プラグスーツ)

リューターパワーヽ(`Д´)ノ

プラグスーツのアスカに関しては、まずはリューターでプラグスーツをひっぺがす!

実際にはひたすら削り続ける作業。
新たに入手したビルドマスターEVOはトルクもあるし軸がしっかりしてるので、かなりの量を削り込んでも痛んだ様子はない。……しかしまあ、レジン粉だらけで換気扇回してマスクしてゴーグル着けての作業になります('A`)。

asuka4-02.jpg asuka4-03.jpg asuka4-04.jpg asuka4-05.jpg

とりあえず機械では大まかに削る。
細かい所はいつものようにデザインナイフで…。
プラグスーツって身体に沿った形状してますけどただそのまま削るだけだとダメだ、というのが分かります('A`)。
足の指もクツ(?)履いた状態から削り出しで作るのはムリだった。このへんはパテで追加してやらにゃかんです。

最近の自分のコダワリとしては、「なるべく異素材を使わない」というのがあるので、削り出しで形状が出せるものは可能な限り削ってカタチを出します。



posted by MSM12R at 18:37| Comment(0) | アスカ(プラグスーツ)