2007年11月06日

Let's rope!

日記タイトル「Let's rope!」の迷ゼリフはPILの18禁ゲーム「女郎蜘蛛」で伊佐治というおっさんのもの。

縄やら責め具を使った調教モノだったけど(´・ω・`)「大正時代」「旧名家」「未亡人」「薄幸過ぎる少女」とまあなんというか「古びた退廃」が印象的で。ゲーム性とは無関係の物語感は未だに心に残るもの。もう十年ほど前なのに。

伊佐治というのはその殺伐緊迫とした物語の中で主人公を縄の世界へと誘う、どこか諧謔味のある道化役でした。最後は日課の生卵に毒を盛られて死ぬ(´・ω・`)。

まあ、そんなおっさんの「Let's rope! 縄は楽しひね。」という感じで:

asuka3_0-21.jpg


細い麻紐を買った。このスケールだと実に縄っぽく見える(´д`;)。
縛り方は古式ゆかしくないのでまだ味が出てないとは思いつつ。結び目とかないし。
何十種類もあるらしいじゃないですか。縛りの作法というのも。よく知らないですけど(あまり知りたくもないが…)。

こういうバリエーションで気分が変えられるというのも、ひとつ実験としては面白いと思う訳です。うん。

このアンマッチ、ミスマッチぶりだからこそ許容されうる諧謔とも言えるかな。
…すべて自己弁護に聞こえるが(´・ω・`)。
posted by MSM12R at 07:29| Comment(0) | アスカ(冬服)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。