2007年12月24日

モケイ的な総括

綾並の方は、いったん「どれだけ手をいれてるのか」整理してみようかと。

いや、このページ見て、「俺も同じことやってみよう!(゚∀゚)」って人は、
居ないとは思うんだけどさ。(´・ω・`)
rei05-00.jpg

↑現状、これだけのパーツで構成されてる感じです。胴体は完全にエポパテからのスクラッチで、ゲージパーツ的にキットの胴体を参考にしたり。

あとは、アスカ(スク水)の寝姿との組合せでバランスが著しく悪く感じた「足の長さ」を数ミリ延長してふくらはぎをパテ盛り。靴下ラインで切断して、切断部分を延長しています。
靴の片っぽをくり抜こうとも思ってますが、まだやれてません。

rei05-01.jpg

↑胴体だけで組み上げるとこんな感じ…なのは、今までも晒した通り。
フルアーマーガンダムのガンダムみたいなもんで、ここに増加装甲的にパテで盛った衣服パーツを形成してゆく。

rei05-02.jpg rei05-03.jpg

(上、写真左)
これが上半身、シャツのパーツ。分かりにくいですが左が身体の下になるパーツ。右は、上にかぶせるパーツ。
まだ粗いですね。これを、さらに薄く薄く削り込む作業が続くんです。エポパテですが、光にかざすと光が透けて見えるくらいに。
(上、写真右)
パーツだけで組み合わせるとこんな感じ…ってやっぱり分かりにくい。

rei05-04.jpg rei05-05.jpg

これはスカートパーツ。
(上、写真右)
スカートパーツをレイの前面になる部分から見た写真。身体が「く」の字に折れた状態が跡のようになっておりますな。
写真○がついているのは、工夫のひとつ。制服のシャツの背中パーツをスカートパーツの一部と組み合わせて一体化しています。これによって、胴体パーツのズレを防ぐ意味もある。
シャツパーツはシャツだけで1パーツになり切れなかった苦肉の策ではあります(´д`)。

(上、写真左)
同じパーツを裏面、レイの背後から。シャツのしわっぽく、うすーく薄く削り込んでる途中。

rei05-06.jpg rei05-07.jpg

↑スカートパーツの台座的? さっきのパーツに、レイ本体を載せるとこんな感じ。実際、これが着衣(?)の最初の手順。シャツ部分がレイの腰に組み合って、ズレが出ません。実際は塗装があるからパーツ多少けずりこんで、「ぶかぶか」じゃないですけど多少クリアランスを出す必要あり。

そこに、↓シャツ(下)パーツをはめて、

rei05-08.jpg

↓シャツ(上)パーツを上からかぶせる。ギリギリのくみあわせ…。下腹部にシャツが薄く伸びてるのは、意図があります。

rei05-09.jpg rei05-09.jpg

背中からはこんな感じで、襟を薄く削り込んでる途中。
この状態で頭をつけると↓

rei05-11.jpg rei05-13.jpg

…この状態だけでディスプレイできるように、シャツは全部作り込みたかったんす。
シャツパーツなしでもディスプレイしたいし(を、まあ、そういう「気分で変える」ことを大事にしたかった。気紛れなので自分(´・ω・`)。

rei05-14.jpg rei05-15.jpg

上の二枚の写真は別角度から。

仕上げを進めたら、胴体のエポパテパーツはレジンキャストにリプレースしたいと思ってます。
実はレジン使ったことがないので、複製的アクションを自分でやるのは初めてです。
知識も中途なので、材料と本を手配しつつ、年始あたりで時間見て挑戦してみたいなあと。

キャストにリプレースするのは、エポパテの素材の性質上、やっぱし多少収縮あるのと。練り込み足りなかったのかやや柔らかい部分が(´д`)あったりして、このままフィニッシュすると後日いろいろと厭な劣化を目の当たりにしそうだから(経験的に)。
あと、やっぱり技術を身に付けておきたいなーというのも。
これから完成品が市場に出回ってくることが圧倒的っぽいから、キャスト置換はできといた方がいいだろう、と。
魔改造でキャスト置換とかって、それだけでいろいろ疑われるキーワードですから敬遠してた向きもあるのですけどね。
posted by MSM12R at 07:56| Comment(0) | 綾波(制服)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。