2008年01月12日

はじめての複製(6)

サードショットを流して、結果、セカンド&サードのショットで状態の良好なパーツを工作することにしました。バリなどを取ってみたのがこれ。

rei06-14.jpg rei06-15.jpg

エポパテで作ってた服パーツとの合いもバッチリで、型に妙なズレもなかったのだと納得しています。初めてにしてはほんとうまくいった方じゃないかしら、と自画自賛しとこう(`・ω・´) 。
三回目はレジン注ぎながらゆすったり傾けたりして、ちゃんと空気穴までレジンが届いたです。

その後、とある方から「レジンの注入口を5mmプラ棒で作っておいて、レジン流した後にプラ棒突っ込めばレジンの注入促進できるよー」と言われて「ああなるほど!」と思った。油圧ジャッキか水鉄砲のイメージですね。確かに、空気の残留問題はともかくとして、レジンは必要なレベルまで上げられそう。

あと、シリコーンの接着を防ぐにはリンレイのブルーワックスがよいとも耳にした。調べてみるとBJとかミニボトルに小分けにして売ってるのね(´д`;)。商売してるなあ…。
確かにモケイの型にはそんなに量は使わないから、床用途のワックスの販売量(1Lとか)も使わないだろうしなあ。どうしよ。


次はそれも試してみようと思ったのでした。

posted by MSM12R at 17:34| Comment(0) | 技術系記事/その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。