2008年01月14日

追加工作

別に販売する訳じゃないので、自分で複製したパーツの精度は正直よくない。
なので補修が必要。基本的には大きめに作って削り込むつもりだった(異種の素材をなるべく使いたくない)のだけど、前髪はそうもいかんかった。細かい所空気が入ったままで樹脂が流れ込まなかったようだ。

そういえば某コジョチョーから「細かい所にはパウダーをまぶしておくと毛細現象で樹脂が入り込んでくれる」と教えてもらってたけどやってなかったや('A`)。

まあそれはそれとして。細かい所の追加造形は何使おうかなーと迷っていた。
今までならばアルテコパテだろう。

しかし今回はフィニッシャーズの「ポリパテHG細目」を使ってみた。
やや高いのだけど、特色としてはキメが細かくて硬化が早い(10分程度)。

試してみると…確かに早い。そして食いつきはボークスのポリパテよりもよさそうだ。サクサク削れるし。
rei07-04.jpg

ここまで削り込むとポロっと取れてしまったりするものなんだけど。
といってところどころ取れた部分もあったけど、今までのポリパテにはない食いつき具合かなあとは思った。

…スタンダードでも大差ないのかもしれない(どっちや。

あとは、新造パーツをいくつか。

rei07-05.jpg

ぬげかけの靴下。でもって、

rei07-06.jpg

ぬげた靴。
複製したパーツから、リューターで削り出し。
そういえばリューターも新調したのだけど、これが実によい。
ボークスのビルドマスターEVOですが、回転数の調整が実に低回転に落とせて、軽く整えるつもりでパーツ削り出すのも簡単になった。

削りカスが山ほどでるのであまりリューターは好きじゃないんだけど…。ハンドピースもモーターの回転で冷却風が出てる。トルクもしっかりしてるし今まで使ってたボークスの15,000円くらいのやつとは比べもんにならない。
これで値段が25,000円程度になってるのだからリューターも安くなったなぁと思った。ボークスのハイエンド機って前は60,000円くらいしてたと思うんだけど。

まあそんな新機軸もあって:

rei07-07.jpg

こういうシチュエーションも比較的大胆に作れるようになったのさ(`ー´)

posted by MSM12R at 17:13| Comment(0) | 綾波(制服)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。