2008年01月07日

レジンキャストにリプレース

前回の日記で予定していた「新造パーツのキャストリプレース」を、この年末年始の休暇でやってみました。作業は2日程度。

詳細は別途ログ残そうとは思うのですが、現状:
rei06-13.jpg rei06-14.jpg

という経過を経て、
rei07-00.jpg rei07-01.jpg rei07-02.jpg

という感じになっています。
肌色キャストがなんかやらしいです('A`)(肌色なせいだけではないような)


posted by MSM12R at 07:59| Comment(0) | 綾波(制服)

2007年12月24日

モケイ的な総括

綾並の方は、いったん「どれだけ手をいれてるのか」整理してみようかと。

いや、このページ見て、「俺も同じことやってみよう!(゚∀゚)」って人は、
居ないとは思うんだけどさ。(´・ω・`)
rei05-00.jpg

↑現状、これだけのパーツで構成されてる感じです。胴体は完全にエポパテからのスクラッチで、ゲージパーツ的にキットの胴体を参考にしたり。

あとは、アスカ(スク水)の寝姿との組合せでバランスが著しく悪く感じた「足の長さ」を数ミリ延長してふくらはぎをパテ盛り。靴下ラインで切断して、切断部分を延長しています。
靴の片っぽをくり抜こうとも思ってますが、まだやれてません。

rei05-01.jpg

↑胴体だけで組み上げるとこんな感じ…なのは、今までも晒した通り。
フルアーマーガンダムのガンダムみたいなもんで、ここに増加装甲的にパテで盛った衣服パーツを形成してゆく。

rei05-02.jpg rei05-03.jpg

(上、写真左)
これが上半身、シャツのパーツ。分かりにくいですが左が身体の下になるパーツ。右は、上にかぶせるパーツ。
まだ粗いですね。これを、さらに薄く薄く削り込む作業が続くんです。エポパテですが、光にかざすと光が透けて見えるくらいに。
(上、写真右)
パーツだけで組み合わせるとこんな感じ…ってやっぱり分かりにくい。

rei05-04.jpg rei05-05.jpg

これはスカートパーツ。
(上、写真右)
スカートパーツをレイの前面になる部分から見た写真。身体が「く」の字に折れた状態が跡のようになっておりますな。
写真○がついているのは、工夫のひとつ。制服のシャツの背中パーツをスカートパーツの一部と組み合わせて一体化しています。これによって、胴体パーツのズレを防ぐ意味もある。
シャツパーツはシャツだけで1パーツになり切れなかった苦肉の策ではあります(´д`)。

(上、写真左)
同じパーツを裏面、レイの背後から。シャツのしわっぽく、うすーく薄く削り込んでる途中。

rei05-06.jpg rei05-07.jpg

↑スカートパーツの台座的? さっきのパーツに、レイ本体を載せるとこんな感じ。実際、これが着衣(?)の最初の手順。シャツ部分がレイの腰に組み合って、ズレが出ません。実際は塗装があるからパーツ多少けずりこんで、「ぶかぶか」じゃないですけど多少クリアランスを出す必要あり。

そこに、↓シャツ(下)パーツをはめて、

rei05-08.jpg

↓シャツ(上)パーツを上からかぶせる。ギリギリのくみあわせ…。下腹部にシャツが薄く伸びてるのは、意図があります。

rei05-09.jpg rei05-09.jpg

背中からはこんな感じで、襟を薄く削り込んでる途中。
この状態で頭をつけると↓

rei05-11.jpg rei05-13.jpg

…この状態だけでディスプレイできるように、シャツは全部作り込みたかったんす。
シャツパーツなしでもディスプレイしたいし(を、まあ、そういう「気分で変える」ことを大事にしたかった。気紛れなので自分(´・ω・`)。

rei05-14.jpg rei05-15.jpg

上の二枚の写真は別角度から。

仕上げを進めたら、胴体のエポパテパーツはレジンキャストにリプレースしたいと思ってます。
実はレジン使ったことがないので、複製的アクションを自分でやるのは初めてです。
知識も中途なので、材料と本を手配しつつ、年始あたりで時間見て挑戦してみたいなあと。

キャストにリプレースするのは、エポパテの素材の性質上、やっぱし多少収縮あるのと。練り込み足りなかったのかやや柔らかい部分が(´д`)あったりして、このままフィニッシュすると後日いろいろと厭な劣化を目の当たりにしそうだから(経験的に)。
あと、やっぱり技術を身に付けておきたいなーというのも。
これから完成品が市場に出回ってくることが圧倒的っぽいから、キャスト置換はできといた方がいいだろう、と。
魔改造でキャスト置換とかって、それだけでいろいろ疑われるキーワードですから敬遠してた向きもあるのですけどね。
posted by MSM12R at 07:56| Comment(0) | 綾波(制服)

2007年12月20日

遅々たる前進

rei04-12.jpg
あまり進んでいるように見えません。な。
服のディティールを上げたりパーツの増加。
ある意味芸術的な組合せで着脱可能にしているというか。

posted by MSM12R at 08:25| Comment(0) | 綾波(制服)

2007年12月17日

レイ(3)

近所の文房具屋で軟質の透明下敷きを買いますた。これ、模型用に便利かも。

身体の形状はほぼまとまって来たので、その上に着けるパーツの造形に着手します。
まずは身体と下敷きにクリームを塗る。硬化がちょっと進んだ状態で、スムースに剥がせるようにです。完全硬化まで待ってしまうと剥がす時に割れたり普通にしますし。

まずは腰まわりと腕。腕は、接合面を隠すようにシャツを下ろした雰囲気でパーツを作る。
腰はスカートの乱れをそれとなく表現。キットのをそのまま使おうかとも思っていたけど、まくり上がった感じにするにはどのみち整形が必要なので新造することにした。
rei04-00.jpg

エポパテは柔らかいので、新規パーツを作る時にはカタチにはあまり拘らない。ベースになるパーツなので、硬化が進んだ時点で荒削りに削って、硬化してからはちまちまとパテを追加して育ててゆくような感じで。
なもんだから、まだまだディティールはないようなものです。
rei04-01.jpg rei04-02.jpg

で。硬化が進んでから、上側を同じ要領で盛る、と。

rei04-04.jpg rei04-05.jpg rei04-06.jpg

こんな感じで盛った削ったの繰り返しです。
上のスカートパーツは前後に分割して、彩色時に面倒にならないようにしようと思っています。

posted by MSM12R at 02:13| Comment(0) | 綾波(制服)

2007年12月15日

レイ(2)

久々の胴体セミスクラッチのレイの方はといえば:
rei03-11.jpg rei03-10.jpg

だいたいポージングやパーツ接合面の整合性、表面のラインについてイメージが固まりますた。
テスト的に、口にはマスキングテープをガムテープよろしく貼ってみたりして。
ううむ。本当に自分が厭になるほどに邪悪なモデリングだ('A`)。

ま さ に 魔 改 造 。

あの、誤解しないでいただきたいのですが、作品性を追及することと、実際の人格はあくまでも別だということでおながいします(説得力がなさすぎます)。


と、にかく。作品性としては面白い演出になりうる、と感じた。候補としては残しておく。(を
#手とかにもテープのほどきかけがあると、さらに雰囲気が出るような気がしてきた。
#いずれテストしてみようとも思う(…。

裸にしてみると手が大きかったり、足がアスカの寝姿キットよりも短めだったりで、同じ原型師さんでもコンセプトによっていろいろ工夫されていることを感じます。

ただ、今回は並べて完成させることが理想なので↓
rei03-09.jpg

(なんか邪悪な理想だな…('A`))
一年半ほど前に仕上げたアスカと対になるようなコンセプトで。
今はまだただの裸状態だけど、靴かたっぽ脱がせたり制服のシャツパーツをこれから新造したりするつもり。スカートも。
魔改造者を自認するだけあって胴体パーツの新造にはこなれた感がある。

posted by MSM12R at 22:05| Comment(0) | 綾波(制服)

2007年12月06日

それを人はセミスクラッチと呼ぶ

綾並(制服)ですが。

rei00-02.jpg rei03-01.jpg

と、胴体パーツをゲージに観察しながら胴体部分をエポパテで新造中。
だいぶ雰囲気がでてきたかなと。これにけっこう時間かかった('A`)。

おおかた仕上げたらこれに衣服造形を追加して、雰囲気作りになり申す。
(武士だ! ここに武士が居るぞ( ゚д゚))
posted by MSM12R at 08:19| Comment(0) | 綾波(制服)

2007年11月19日

新規造形立ち上げ(`・ω・´)

さて。隠し球を隠しつつ、現在イメージを固め始めているのはこれ。
box.jpg

片山氏のレイ(制服)。
スク水版と比べるとあまりネットでも作例は見かけない、ような気がします。
まあそれもあって。

ayanami00-00.jpg

こんな感じにまずポージングを模索。
顔を隠すという点では、以前作ったアスカ(スク水)と同じコンセプト……になるか。(´・ω・`)。

ただ、今回はリューターのパワーをもの凄く使うことになりそうなので、自分の造形スキルを再確認すべく胴体と衣服はエポパテで作り直すつもり。
キットのパーツはゲージとディティールを確認するためのサンプルとして保有します。のつもり。


話変わるんですが
最近ガレキの魔改造やってるブログってあんまりないかもしれないですね
(´・ω・`)。

そもそもガレキが市販されて来なくなってるんだもんなあ(´д`)。
しばらくキットのリリースから目を離してたら、もう完成品ばっかり売られてる状態。
魔改造は完成品の魔改造にシフトしているようにも感じ取れる。

既に自分は旧い人間なのか。も。
posted by MSM12R at 22:22| Comment(2) | 綾波(制服)