2008年10月16日

貼り付け

胸の下パーツ貼り付け胴の黒部分研ぎ出し&コンパウンド磨きやってスカート付けて
ほぼ仕上げヽ(`Д´)ノ

ci_caprice49.jpg

貼り付けは接着剤じゃなくてのりを使いました。
pitmulti2.jpg
とある人から教えてもらいました(`ー´)
今までは「貼って剥がせる」というノリとして自分はペーパーボンドを使ってたのですが。それよりも粘着力はしっかりしてる。
これはよいですね。
posted by MSM12R at 08:18| Comment(0) | シー(猫)

シー・カプリス製作(5)

この週末でかなり一気に進んでしまいました(・∀・)
ci_caprice40.jpg

透明スカートがなかなかイイ感じに思えたのでペースアップ。
ci_caprice41.jpg

…魔改造の割には塗り分けが多くてメンドクサイ部分もありましたが('A`)。
ci_caprice44-.jpg ci_caprice43.jpg

とまあ、目に星を入れる手前で仮組して雰囲気を確かめる。
右の写真はLED付きベースで照射したもの。透明スカートが輝いて綺麗なのだ。

…ただ、なんか顔が似ないなあ(´・ω・`)。キットの作例写真の方がシーの雰囲気出てる気がして試行錯誤した。結局あんまり変わり映えできなかったのですが…。
ci_caprice48.jpg ci_caprice47.jpg

スカート外してるのは、胴の黒い部分をスパクリ3で研ぎ出ししてる最中なので。まだ塗膜が弱いので、接触する部分で欠けたりはがれたりする…('A`)。
マイクも黒部分はスパクリ3で研ぎ出し。銀の部分はクレオスのメッキシルバーでテカテカに。
まだ胸の下のモフモフを接着する気になれなくて、テープで仮留めですが…。
作り甲斐があってよかったです>シー。クリアパーツに置き換えたスカートもいい雰囲気だし。

ci_caprice46.jpg

今んとこ作ったサクラ大戦3キャラ勢揃い。闇レビュウまでもう一息か!
しかしいつの間にやらサクラ大戦キャラが増えたな魔改造(´・ω・`)。
シーはあとはつやのコントロールくらい入れて終わりかな。
メルに移る気力が回復しない(´・ω・`)。またしばらく放置になるかのう…。不憫だ。
(こんなあられもないカッコで仕上げられる方も不憫じゃないでしょうか('A`))


posted by MSM12R at 00:01| Comment(0) | シー(猫)

2008年10月13日

塗り途中

最近肌の塗り方を試行錯誤中です。
今までの塗装にはクリア系の塗料を多用していたのですが、クリア系は褪色が早い気がする(´・ω・`)。
デッドストックだったUVカットのクリアーを使ったりしていますが、あれも気休め&もう自分とこにある分しかない…。スプレーのはあるけどドバドバ出るからカンベンしろと(つД`)

そこで蛍光色やクリア系に極力頼らない方法で塗るようにしています。
ベースはクレオスやガイアノーツのキャラフレ。それにただのピンクや黄色を加えて濃いめ系の肌を作って全体に吹く。胸の先には茶色系を軽く吹く。次に、ベースホワイトに黄色をごく微量加えたスキン色を吹く。特にハイライト。
これは数回重ねて塗らないと思った通りにならない。

ci_caprice39.jpg

乳輪は…なかなか難しいですよね(誰に同意を求めてるんだ('A`))。
自分は水彩色鉛筆のピンク・オレンジで輪郭を描いて、綿棒でぐりぐりやって馴染ませます。
テカリも出てけっこう絶妙な雰囲気になる…かなと。
posted by MSM12R at 10:49| Comment(0) | シー(猫)

2008年10月12日

シー・カプリス製作(4)

前回のシー・カプリス製作記事が2008/02/17…。えらく間が空いた('A`)。

なんか無性に魔改造したくなったので、塗装直前まで進めていたシー・カプリスに白サフを吹いた。
ci_caprice38.jpg

スカートのスソや下チチのモフモフっぽいの(?)にはパールホワイトを吹いてみた。…目立たない('A`)。
あとクリアレジンで作ったスカート、この半年以上の間に変形? があったみたいで、腰にきちんとハマらなくなっている(´・ω・`)。
透明度はイチバンのパーツだったんで、なんとかこれを使うしかない。

改めて白サフ吹いてみて、なんかイイ感じじゃない? と思う(゚∀゚)。
ものすごくアホな恰好やけど(´・ω・`)。

一方相棒のメル。
mell_raison04.jpg

工作は全て終わっててグレーサフ状態。これも塗ればすぐだと思う…ねんけど。
この二人は工作した箇所がどれもお気に入りなので仕上げが自分でも楽しみ(´∀`)


posted by MSM12R at 17:11| Comment(0) | シー(猫)

2008年02月17日

シー・カプリス製作(3)

スカートを透明化しました。

工程としては、キットのパーツを元に原型を加工して、シリコーンで型取りして透明レジンキャスト(ウレタン技研のやつ)で作成。

その前段で、「クリスタルレジン」というエポキシ樹脂の透明樹脂を試したのですが…(ハンズで安値で売られてたのを買っていたので)。
これがうまくいきません('A`)。硬化に時間がかかりすぎる(三日ぐらい経ってもまだ柔らかさが残ってる)し、型から抜く時に激しくシリコーンをちぎりながらになってしまい。型が一撃で撃破です。_| ̄|○

型から作り直して、透明レジンをトライしました。
気泡の問題がより色濃く出てしまうから、透明レジンは造形やってる方でも敬遠され気味のようですけども。
真空脱泡とか装置があればよかったのですがそんなものある訳ないので('A`)。なるべく静かに攪拌して、気泡を含まないように注ぎ込む心構えで…。
ci_caprice31.jpg

これが思った以上に綺麗にできました。フフフ。
調子に乗ってあと二個作ったのですが、どれも最初よりも透明度の高いものになりきらなかった('A`)
ci_caprice33.jpg

やむなしです。最初に作ったもので工程を進めることにします。
たぶん表面磨き込んでやれば透明度は上がるだろうな、と。
ci_caprice34.jpg ci_caprice35.jpg

なかなかイイ感じだと思います(`ー´)。
見えそうで見えない感じがイイよね!

アホな舞台衣装です(褒め言葉…のつもり)。
posted by MSM12R at 15:50| Comment(0) | シー(猫)

2008年02月12日

シー・カプリス製作(2)

だいたい下半身の工作は(1)のような感じとして…。
上半身は、トーゼンのようにチチを出しましょう。出しましょうヽ(`Д´)ノ
それはもう妄想膨らませて胸ふくらませましょう。
ci_caprice19.jpg

うわーいなんて頭のわるい格好…。でもいいの。レビュウだから。
エポパテで盛り上げた状態で、胸の先も削りだしてやります。乳輪部分は基本的にいったんはリベットスクライバーでけがいてやる。あとでタミヤパテで盛り上げる時の境界線にします。

形状がやや不自然なのは、チチの下にモール状の抑えを付けて「寄せて下から支える」ようなコスにしよーと思ってるから。

やっぱチチ造形が一番楽しいかなあ…。
ci_caprice20.jpg

タミヤパテを塗った後、瞬間接着剤を垂らしてつまようじで軽く練りつつ形状を大まかに整える。そうしますと切削性もほどよく素早い工作も可能に。

先っぽはリベットスクライバーでへこませて、周辺はスポンジヤスリで磨いてやる。
racing的魔改造の基本工作ですので興味のある方は是非マスターを(何言ってんですかこの人)。

フォローが抜けてしまったけど、腰というかおしりの増量に関しては
ci_caprice13.jpg ci_caprice14.jpg

下着のない状態ならこれくらいの形状が違和感もなく自然なのではないでしょーか。
スカートを付けると…
ci_caprice16.jpg

うー。やっぱりこの子はスカートありの方が造形映えるなあ。でもただのノーパンじゃつまんないよな、とも思ってるので、スカートは透明化させてみようと思った次第です。

胸の下に付けるパーツは、エポパテで
ci_caprice21.jpg
なんかボツボツがいっぱいでキショイですが…((( ;゚Д゚)))
硬化前のエポパテに固めの歯ブラシでたたいたり、ミニノコギリの歯をでたらめに押し当てたりしてモールドを作ってみたのですが、いまいちキットのそれと合致しない。
まあそれはそれ。その上からおなじみのタミヤパテでアクセントをつけてやれば…。
ci_caprice22.jpg
ついでに下半身や胸もグレーサフ拭いて表面チェック。まあこんな感じかなと。

スカートを付けた状態はこちら
ci_caprice23.jpg

ほぼ計算通りかな。
手を付け始めた時にはあんまり気が乗らなかったのですが、いい感じになってきたかなと思います。た。
posted by MSM12R at 20:38| Comment(0) | シー(猫)

シー・カプリス製作(1)

実はシー・カプリスは年末から地味にいじり続けてたり、はします。

キットはG.T.Officeさんのやつ。
kit.jpg
レビュウ服。で、当然改造します。
仮組するとこんな感じでした。
ci_caprice01.jpg

同じ作者さんのキットなので頭身もバッチリ。
で、まずはスカートが腰パーツと一体化されていたので、それを切り離します。
リューターに細いビットを付けて、スカートと腰部分の間をぐりぐりと削っていく…けっこう大変だった('A`)。
ci_caprice05.jpg ci_caprice06.jpg
腰とスカートが分離したのでお約束のノーパン工作もできるようになりました。…腰パーツがガタガタですが('A`)。あとスカートも内側はガタガタ。
スカートは、着脱可能にしておきたいし、透明化するための原型にもしたいので、後できちんと仕上げるつもり。

…で、腰はやはりエロくしたい…のですが、キットの腰はいまいち色気のない接合(スカートの中味だからね)なので、股の付け根からコカン部の造形を。
基本的には股の付け根ラインをやや下げて、コカンはやや盛り上げ気味に…文字で説明するのも恥ずかしい('A`)。
こんな感じに。
ci_caprice07.jpg

まあ私が思うところの下腹部ラインとか、です。茶色い部分は軽量エポパテ。
お尻も増量。あとは、加工のしやすさと塗装を考えて、フトモモの上部分で両足切断して真鍮線で接合します。このラインがタイツと肌の境界になるように。
ci_caprice09.jpg

…なんかこういうのはいつもながら猟奇的です(´・ω・`)…。
ポリパテでつなぎ目を埋めたりもします。個人的には、ポリパテの方が軽量エポパテよりもずっとヒケが少ない気がするので。おまじないみたいな作業かもしれませんが…。
ci_caprice10.jpg

つなぎ合わせるとこんな感じになりますね。
つづきは次回に
posted by MSM12R at 20:18| Comment(0) | シー(猫)