2009年10月28日

仕上げフェーズ

温泉のお湯として張ったシリコーンも硬化したしで組み立てるとこうなる。
magmadiver_032.jpg

これでほぼ仕上げな訳ですが…mixi等で「水しぶきとか出てればいいのに!」とのコメントをもらったので、水しぶきと言わずとも水面の表情というか、波形でも作れないかなと思って、テストピースのシリコーンにジェルメディウムとクリアタルゲルを爪楊枝でちょんちょんしつつ、波の形を作ってみました。これが透明になるので、ゴム表面の変化になるかと思って。
magmadiver_025.jpg

…でも乾いたらあんまり風情が出なくて(´・ω・`)。
water00.jpg
なんかいかにも汚ったなく固まりましたって風にしか見えない…。
ムリかなと思ってぺりぺり剥がしてみたら、案外この透明な不規則の膜は面白いんじゃないか? と思えて。
water01.jpg

…しぶきとしてなら使えるんじゃね? と思って、試行錯誤して、アスカのふともも周りにそれとなく配置するのが一番しっくり来ると気づきました。
magmadiver_026.jpg

後は、奥行きを出すようにこの膜を複数にして、表情を付けてやればいいんじゃないかと! 昨日今日とデタラメに波の形を作っては乾かして剥がし…を数回繰り返して、使えそうなものでしぶきを立体映えするようにしました。
water02.jpg

どうだーヽ(`Д´)ノ!
自分的にはここまで派手なエフェクトを出せることがオドロキでありまた嬉しかったです。いつまでこの形状・ツヤが保持されるのか分かりませんけど(^_^;)。それも含めて実験ですね。

しぶきの端々を、絵の具の白を少量混ぜたクリアタルゲルでちょんちょんして、アクセントをつけます。完全に透明になっちゃうと、それはそれで映えが弱くなるので。

water05.jpg

…あんまり変わり映えしないかな?('A`)
でもまあいいや。急ごしらえで思いつきでやってみたけどこれはこれでイイ! と思う。MSMメソッドと名付けよう(´ω`)(自分で言うのか…)

ちなみに「クリアタルゲル」というのは、
cleartar0.jpg cleartar1-.jpg

このボトル。
師匠が眠眠ちゃんの仕上げに使ってた。この時期の作品、正直あんまりトレースできてなかったので迂闊にも失念していたです(´・ω・`)。…リンク先の出典によるとCHOCO先生からのお知恵か。自分が採用を決めたのは[fg]でのヲさんの作品。それまでは自分でも以前テストしてた「透明ねんど」を…と思ってたんだけどなんか保存の仕方が悪かったのかカピカピになっていたので('A`)。新しいマテリアルでトライしてみたかった。

世界堂の通販で自分は入手しました(´ω`)。早かった。
ご覧の通り、このスケールのフィギュアの水滴表現には絶大な効用があるので正直アキバでも入手できていい素材だと思ったヽ(`Д´)ノ つまようじでちょんちょんするといい感じにダマになってくれます。リキテックスのジェルメディウムとかだと、つまようじでちょんちょんしても先端が尖るんですよね。まあ、その方が適する用途もあるので、ケースバイケースで使い分けるのが良いようです。
水表現は難しいですが面白いです。フィギュアの分野では未開拓な面もあって、こうしたマテリアルとの組合せで表現の幅が格段に広がるのはいいかなと思います。試行錯誤でビシっと決まるととても嬉しくなる(´ω`)


posted by MSM12R at 01:40| Comment(0) | ミサト(座像)

2009年10月24日

タイトルは「21:10 EPISODE:10」MAGMADIVER

10末が締め切りですから多少納得がいかないとか、もう少しテストして…みたいな部分があっても進むしかないんです(`・ω・´) 。…趣味で締め切りに追われるのは好きじゃないんですが、まあ、今まで停滞していたものが一気にカタチになるのはいいことですね。このミサトさんとアスカ、一月前は実質サフ吹き状態で停滞してた訳だし…。

さて。ベースも岩フェーズはほぼ終わった(と、見切りを付けた)ので水フェーズを。
温泉の湯船は、当初当面のしのぎとしてゼリーを使うつもりでいたんですが、色合いとか、長く保たない点とか、いろいろ難があるなあ…と考え直しまして。
そこそこ粘性があって、そこそこ透明度もあって、いざとなれば全部ひっぺがしてやり直しも利きそうな素材…と考えますとピコーン!!(゚∀゚) と思いついたのが。

ボークスの透明シリコーン(`・ω・´) 。

普段型取りに使ってますが、そこそこの透明度になる。ゴムだからナイフを入れれば解体も可能だろう。少なくともエポキシ樹脂よりは('A`)! ということでテストして、雰囲気的には「白骨温泉っぽく濁った温泉」テイストができそうなので、コイツでいくことにしました。

ベースの、お湯部分はプラ板で囲います。それだけじゃ漏れそうだから、まずプラ板を巻く前にベース側のフチ部分にグリースをたっぷりと。こいつでシールしつつ、マスキングテープで周辺を張る。枠が広がったりしないように、さらにゴムで巻く…。

これでもうまくいくかちょっと自信ないんですが、まあ、やるだけのことはやったつもり。
magmadiver_010.jpg

簡易プール(´ω`)。1日で硬化しますから、その間保ってくれればいいので。
で、ここにアスカを入れて、透明シリコーンを注ぐ訳です。
ちなみに透明シリコーンは少し緑色かかった感じに着色しています。試行錯誤しましたが、硬化剤の方にクレオスのラッカー系クリアグリーンを垂らす。

…すると混ざらず、調色スティックにまとわりつきます(ダメじゃん)
いやダメじゃなくて。ほとんど調色スティックに絡みつくんですが、染料? は溶け出すのでほんのわずか緑色かかるんですね。この緑色が絶妙と思いました。
もっと他にいい染料があるんでしょうけど、どぎつく色が付きすぎるのもアレなので、やや青みがかかった乳白色っぽい透明感…という微妙な感じになるように、このチョイスで託しました。

攪拌後の脱泡の仕方はいつもの「真空おひつ」で手動(`・ω・´)
アスカの髪が作業スペースを大きく削っていたので、ひとまず外して静かに注ぎ込む…このへんはゴム型作るのと同じ作業感な訳です。

で、今の状態。
magmadiver_009.jpg

湯船が浅いなあ…みたいな話はおいといて(おいとくのか!( ゚д゚))なかなかいい感じになってきたんじゃないかと思いたいです。

硬化後に透明プラ板の囲いを外して、はみ出した部分はナイフでカットして仕上げかなと思います。

…で。ミサトさんが座ってる石周辺、水が染み出してるっぽい表現は、エポ樹脂でやります。デブコンというのを注いでみました。一見水にしか見えないくらいの透明度で硬化する…っぽいですね。まだ硬化しません。原理的には、あるていどの量がまとまってると反応熱で硬化が進むんですが。こうして狭い所に薄く撒くようにしてしまうと、数日かかってしまうみたいです。まあ撮影には支障を来さないと思うので、このまま仕上げにしていきます。
posted by MSM12R at 19:54| Comment(0) | ミサト(座像)

2009年10月23日

水滴

クリアタルゲルが手に入らなかったヽ(`Д´)ノ
なんで、クリア(光沢)の後でリキテックスのジェルメディウム&ヘビージェルメディウムをつまようじでちょんちょんと付けていく。
misato_36.jpg

めんどう(´・ω・`)
posted by MSM12R at 08:14| Comment(0) | ミサト(座像)

2009年10月09日

だいたいできたヽ(´ー`)ノ

misato_20.jpg

てぬぐいにデカールも貼ってみたんだけど写真に写せてない('A`)
ビール缶とシャンプーも作り始めてみた。
あとはベースだな。やっぱり温泉にしてみたいが…時間はないな…
posted by MSM12R at 08:20| Comment(0) | ミサト(座像)

2008年02月26日

胸のカタチがなあ('A`)

雰囲気は出てきてる。と思うんだけど。
misato_14.jpg

胸がまだまだ。

posted by MSM12R at 23:49| Comment(0) | ミサト(座像)

ひと段落?

さて。ミサトさんの方もだいぶサマになった。気がする。
misato_13.jpg

今までエポパテでカタチ出ししてたから硬化までの時間で製作ペースが縛られてたけど、ポリパテ併用することで随分早くなった。ような気がする。
フィニッシャーズのポリパテ、硬化も早いし硬いし食いつきも良いのでありがたい。硬いといっても硬化間もない時にはサクサク削れるので。
ポリパテ充填方式でパーツ接合も手軽になったし強度も出るからナー。


やっぱ十字のペンダントはあった方が雰囲気出るなあ(作中では入浴時には外してるけど)。
あと胸の下あたりに疵痕(治療跡)がある訳なんだけども
misato-01.jpg

このへんは塗装で表現すべきかモールドにしようか一応思案中。
…アスカの作画が既に微妙だ…('A`)
最近の劇場版てこのへんどうなってんだろう。全然チェックしてないから分からん。

posted by MSM12R at 01:15| Comment(0) | ミサト(座像)

2008年02月22日

ミサトさんも作る

やたら制作中のものばかり増えてる。どうもグレーサフ吹いたら満足してしまうというか、一段落してしまうようだ(・ω・)。

misato_06.jpg

このミサトさん(座像)、見た目以上に最初がメンドウでした(´д`)。
元のパーツが
misato_02-.jpg

アタマと髪の毛と胴体が一体化されていて、首周りの加工もマスキングも髪の毛周辺もめんどくさそうなことこの上ない。まあやろうと思えばできなくもなさそうだけど。

なもんで、思い切ってアタマを着脱可能にします。

まずはノコギリで
misato_03.jpg

こんな感じにパーツを分割。髪の毛に背中部分がかなり残るんだけど、それをリューターでひたすら削り込んで、胴体側はポリパテ&エポパテを盛って整形。
misato_02.jpg

こんな風に着脱可能にしてやると、胴体の工作も楽だし顔もきっちり仕上げられる…ハズ。
こんな下ごしらえをしてから魔改造。めんどくせえ('A`)。
ちょとパテ盛りすぎて太っちゃったから削らにゃなりません。

posted by MSM12R at 17:04| Comment(0) | ミサト(座像)